*

夢美人

夢美人

販売価格: 28,980 円

表示価格は税込です。

プエラリア・ミリフィカとは


由来由来
  プエラリア・ミリフィカが美と健康の食品として注目を浴びたのは、ミャンマーのかっての首都ブーカムにある仏塔の下から見つかったビルマ語の古文書を翻訳・編纂したことにはじまります。この中には、高齢の女性がプエラリア・ミリフィカを食し、美しさと健康をいつまでも保っていたという趣旨の内容が記載されていました。 プエラリア・ミリフィカは食品として利用されるだけでなく、茎は衣服、紙、縄、日用雑貨(籠・小物類)に使用されていました。


種の判別種の判別
  プエラリア・ミリフィカは世界中で650属、18,000種をも含むマメ科植物の一種です。本種はタイではガウクルア(クワーオクルア)と呼ばれ、「木に巻き上がる蔓草」を意味します。タイには多数の木に巻き上がるマメ科の蔓植物があります。これらの植物の中にはプエラリア・ミリフィカと同様に塊根を形成し、見かけも非常に似ているものがあります。これがプエラリア・ミリフィカ塊根の判別を非常に難しくしています。
  プエラリア・ミリフィカと類似の形態をとるものの中には極めて毒性が強く、頭痛や吐き気を誘発するものもあり、プエラリア・ミリフィカの採取時にはそれらの混入が無いよう注意しなければなりません。


安全性安全性
  「夢美人」は国内で厳重な管理の下に栽培されたプエラリア・ミリフィカの塊根粉末なので、有毒植物などが混入することは一切ありません。清潔度の高い製造工程を経て、細心の注意を払って皆様のお手元へ製品をお届けいたしております。
 ここ数年、タイから輸入される原料を使った健康食品を服用して、「頭痛や吐き気を催す」等の訴えがあり、「夢美人はどうなのか」という問合せが急増しています。当組合へは品質にかかわる苦情は一切無く、安定したリピート注文を頂いております。しかし、「お客様には絶対にご迷惑をおかけしない」という信念に基づき、研究機関に依頼し分析調査をしております。


信頼性信頼性
  第18回バイオメディカル分析科学シンポジュウムで発表された国立薬品・食品衛生研究所生薬部の報告によると、夢美人からはプエラリア・ミリフィカのDNAが検出された。さらに、分析の結果、夢美人にはプエラリア・ミリフィカ特有のミロエステロールが含まれていることが判明しました。
  しかし、全国から集められた市販のいわゆる「プエラリア・ミリフィカ商品」の検体の大半からは、クズ、バレイショ、サツマイモなどのプエラリア・ミリフィカとは別の遺伝子が検出されております。 これは非常に残念な結果であると同時に、プエラリア・ミリフィカと信じてご購入された消費者にとっては大きな問題です。


プエラリア・ミリフィカの有用成分

有用成分有用成分

Isoflavonoids
Isoflavones soflavones 
 glycosides
Coumestans Miscellaneous 
 Structure
1、Daidzein
2、Genistein
3、Kawakhurin
4、Kawakhurin 
  hydrate
5、Daidzin
6、Genistin
7、Puerarin
8、Puerarin-6"-monoa-
 cetate
9、Mirificin
10、Coumestrol
11、Mirificoumestan
12、Mirificoumestan
   hydrate
13、Mirificoumestan
   glycol
14、Miroestrol
15、Miroestrol related
   compound

 イソフラボンといえば、一般的に大豆イソフラボンが知られています。大豆に含まれるイソフラボンで有名なのは、上表の1、Daidzeinとその配糖体5、DaidzinおよびGenisteinとその配糖体6、Genistinです。プエラリア・ミリフィカ塊根の単純加工品である「夢美人」にも、上表のように、大豆イソフラボンも含有し、「夢美人」は、実に15種類ものイソフラボン類を含有していることがわかっています。


プエラリア・ミリフィカ?

【ガウクルア=プエラリア・ミリフィカではない!】
  前述したように、タイおけるガウクルアとは木に巻きつく蔓性植物のことを指し、その塊根は女性の健康と美しさに非常に役立つ食品として人間生活と深い関係をもっています。ガウクルアには白、赤、灰、黒、黄ガウクルアがあります。白ガウクルアはプエラリア・ミリフィカのことですが、他の四種のガウクルアは全く別種の植物です。
 これら四色は外見の色の違いではありません。塊根を切り割ったときの変色時の色のことです。プエラリア・ミリフィカは変色程度が比較的小さく、白ぽいので白ガウクルアと呼ばれます。プエラリア・ミリフィカを求めるなら、単にガウクルアというだけでなく白ガウクルアと指定しなければなりません。
【プエラリア=プエラリア・ミリフィカではない!】
  プエラリアとは、クズ属植物のことを指します。日本のクズ(プエラリア・ロバタ)、熱帯クズ(プエラリア・ファセオロイデス)もこの仲間です。だからプエラリア・ミリフィカのことを特定するものではありません。プエラリアの名で市販されている健康食品やサプリメントの中にはプエラリア・ミリフィカ以外のクズ属植物を使っているものがあります。

 

 




タイ政府の輸出禁止措置

 プエラリア・ミリフィカは女性向けの美と健康を保つ健康食品として世界的に注目を浴びるようになりました。 希少植物であるプエラリア・ミリフィカの乱獲防止と産業保護を目的として、タイ国政府はこの植物の生塊根などの繁殖可能部位の輸出を禁止しました。




和田山町特産物市場組合が日本で増殖栽培に成功

和田山町プエラリア・ミリフィカ

 当組合は、タイ国政府によるプエラリア・ミリフィカ輸出禁止措置以前に、正規の手続きを経て塊根を輸入しました。当組合は日本で初めて栽培研究を行い、10年に及ぶ試行錯誤を重ね、日本で初めて栽培化に成功しました。

 現在、当組合は、国内でのプエラリア・ミリフィカ利用の先駆者という立場から、プエラリア・ミリフィカの保護と調査研究に取り組んでおります。







本当にプレラリアミリフィカ?

 近年、東南アジア諸国では世界的なバイオエナジー政策の潮流に乗るべく、森林地帯や山岳地帯にも多くのプランテーションが開発されており、希少植物であるプエラリア・ミリフィカは絶滅の危機に瀕しております。
10年前には明らかに生息していた地域も現在では開発が進んでおり、自生地を見つけることは非常に困難な状況です。
 そこで、100エーカーのプエラリア・キャンドレイの保護区を設けたり、ラオスに分布するプエラリア・キャンドレイを含むクズ属植物を収集し、種族維持を計画しています。


2007年3月11~21日 ラオスでのプエラリア・キャンドレイの生態調査